顎のザラザラの原因と放置したときの影響

顎を触った時にザラザラする原因は、ほとんどが皮脂汚れや角質からできた角栓です。
顎は汗や垢などの汚れが溜まりやすく、クレンジングがし足りずに怠りやすい場所です。
乾燥肌は顎の水分不足または油分が足りずに皮膚が剥がれやすいです。
剥がれることによってザラザラします。
保湿をしっかりしていると2~3日で皮膚剥がれは解消されますが、顎の皮膚は薄く水分を保つことが難しい場所です。
お手入れを怠るとすぐに皮が剥けてしまうため繰り返し症状がでる人も多いです。
顎はなかなか見ない場所ですが、明かりを当てながら様々な角度でチェックすると顎の状態を確認することができます。
白や透明の角栓や薄い皮が剥がれてしまっている状態はケアを1週間ほど行うと改善されます。
顎に毛穴が黒ずんでいるときには、皮脂が酸化してしまっています。
肌トラブルに繋がり、ニキビの元となるアクネ菌の発生や黒ずみが増えると色素沈着が原因のくるみの元となってしまいます。
角栓や皮剥がれは放置していると顎周辺にシワやたるみが発生してしまいます。
ケアしようと化粧水や美容液を使っても、顎がザラザラしていると浸透が悪くなってしまいます。
ファンデーションを使っても密着しにくくなってしまうため、角栓は皮剥がれは放置するのではなく早めのケアが必要です。